カジノで完ぺきな写真を撮るには?

非日常的なカジノへ訪れることは素晴らしい体験になります。世界の全地域にスマートフォンやコンピュータが普及した現代では、人々は思い出の瞬間をより良く残すために写真を撮ることに慣れていますが、悲しいことにも、大半のカジノでは、店内での写真撮影を断られることがよくあります。というのも、写真を撮ることでイカサマしようとする人を撲滅するためであり、これにはある程度理解すべきでしょう。これに加えて、カジノ内で目撃されることを望まない客が多いようです。例えば、アメリカ人は家族に内緒でギャンブルをする人が多いため、カジノ側としては匿名でギャンブルできる安全性を確保したいという訳です。しかし、それでもせっかく訪れることができたカジノで写真を撮りたい場合はどうすればいいのでしょうか?

カジノでどうしても写真を撮りたい場合は、まずは、フラッシュは絶対にオフにするようにしましょう。セキュリティが写真撮影だと最初に気づくのはフラッシュからなので、静かに見えないように撮るにはオフにしておくことが重要です。

次に、セキュリティがほとんどない場所を探しましょう。例えば、スロットマシンの影に隠れて撮影するのがおすすめです。スロットマシンは背が高く、幅もしっかりと広いので、セキュリティに見つからないようにしながら撮影するには適しています。

カジノ側は、法律的にいうと写真を撮ることを拒否することはできないのですが、もしあなたが写真を撮っているところを見たら、退店を要求することはできます。まだカジノに入店したばかりで退店を要求されては、何のメリットもありませんよね。いつセキュリティが来て、外に連れ出されるかわからないということを常に念頭に置いておき、万が一見つかってしまった場合はできるだけ礼儀正しく、状況がこれ以上エスカレートしないように努めましょう。その際には「不正行為をしていないこと」「自分以外の写真を撮っていないこと」をしっかりと説明すれば、引き続きカジノ内に滞在させてくれるかもしれません。

もし写真撮影が見つかった時点でスマートフォンを取り上げられそうになったら、それはできるだけ早く取り戻してください。なぜなら、カジノ側は客の所有物を取り上げたり、すでに撮った写真を削除したりする法的権利はないからです。セキュリティはわざと大きな声を出し、いかにも自分らが正しいように見せようとすることもありますが、それは完全なる罠です。あえて客を不快にさせ、大声を出すのをやめさせるための単なる脅しのテクニックに過ぎません。ですので、セキュリティだからといってすぐに怖がらず、その場を一旦落ち着かせるようにしましょう。それでもダメなら、できるだけマナーを守りつつ、その場を離れるのが賢明でしょう。

最善の策としては、カジノ内で写真を撮るには、まずはマネージャーに許可を取るのが一番です。もし許可が下りたら、この上ないシャッターチャンスです!良いカメラマンを見つけて、たくさん友達を誘って、すべての瞬間を撮りおさめましょう。特に、カジノのロビー階段で写真を撮るのがおすすめです。ポストカードや年賀状にぴったりな一枚に仕上がることでしょう。

以上です。もしこの記事が気に入ったら、写真やギャンブルに関連する他のコンテンツも読んでみることをおすすめします。実際にカジノに行かれたことのある方は、実体験や感想、コメントをぜひ送っていただけるとうれしいです!